中国は日本との戦争をするつもりである

何かおかしいよね、今の日本。

人気ブログランキングに参加しています。
こちらをポチッ とお願い申し上げます。

 

 

中韓を知りすぎた男さんのブログよりの転載です。

中国は日本との戦争をするつもりである  4月26日(月) :中韓を知りすぎた男 (fc2.com)

 

4月に入って「台灣の危機は日本の危機」という気持ちで書いてきました。
そろそろブログの話題を変えるつもりでしたが、それを察した台灣の友人
(実業界の人)からメールが届いた。

日本の若い人は台灣の食にばかり興味を示して、台灣の歴史を知らなすぎる。
台灣と日本の深いつながりを若い人にもっと知ってほしい。というメールでした。

中国人が台湾人を「同胞」などとみなしていないことは国民党(蒋介石)による
台灣統治史を見れば一目瞭然である。1945年の終戦で中華民国軍は
マッカーサーの命令により、日本軍の降伏を受け入れるため台灣に進駐した。

多くの台湾人は国府の宣伝を真に受け、台灣は新台湾の経営できると喜んだ。
台湾人は蒋介石の宣伝により自分たちは漢民族であると信じ込まされていた。
だから蒋介石軍の進駐が始まるや台湾人は街頭に整列してこれを大歓迎した。

その後1949年には大陸に中華人民共和国が成立。内戦に敗れた蒋介石以
下国民党政権はまるごと台灣に逃げてきた。日本統治で近代化された台湾人
は、蒋介石の軍隊を見た時彼らは乞食同然の姿に絶句した。彼らは教育水準
が低く文字の読み書きもままならず電気も水道も知らなかった。

それどころか台湾人は日本統治時のような政治運動ができると思っていた。
ところが法も話し合いも通用しなかった。日本教育を受けた台湾人は以前の
野蛮人ではなかった、恥を知り、誇りを持ち大陸の人たちとともに台灣建設を
成し遂げようと考えていた近代人でした。

しかし「支配は(政権は)銃口から生まれる」これが中国人である。戒厳令が
敷かれ台湾人の政治活動は徹底して弾圧された。国民党(蒋介石)は台湾人
を「中華民族化」するための洗脳教育を徹底的に進めた。言葉も北京語に統一、
歴史や地理は中国大陸のものが叩き込まれ歴代王朝の皇帝の名前も暗記さ
せられた。

台灣の歴史など削除され、台灣の地理すらよくわからなくなった。国民党は
中国伝統の秘密警察と密告制度を持ち込み親兄弟ですら信用できない陰湿
な社会を作って台灣を支配した。汚職は横行、公私混同の腐敗が当たり前に
なった。経済の知識のない国民党はその場しのぎに紙幣を乱発、経済は半年
で破局的なインフレになった。

蒋介石はあくまで自分たちが正当の中国であることを示すために実際には
台灣と二つの小島しか支配していないのに全中国を支配するかのような
巨大な行政機構を組織し「石を投げれば役人に当たる」というような状況に
なった。

スポンサーリンク


教科書では日本統治時代の歴史は暗黒色に書き換えられた。日本は台灣を
侵略、収奪、奴隷化した時代ということにされた。しかし蒋介石政権の視察団
がまとめた1937年刊行の「台灣考察報告」では日本統治の台灣の施政を
つぶさに視察した結果として、実は日本統治を大絶賛していた。

「日本人にできて中国人になぜできないのか」わずか40年の経営で台灣と
中国の格差は驚くばかり」と最大級の賛辞を送っています。歴史はいくら捏造
してもかまわないというのが中国人です。

また蒋介石と毛沢東の双方が主張したのは「台灣は中国の一部である」という
「カイロ宣言」だがこれも大嘘でそもそもカイロ宣言なんてものは存在しない。
米英中首脳会談の「カイロ会談」では三国の同意に至らず結局流産に終わって
いるにも関わらず蒋介石も毛沢東もありもしない「宣誓」を根拠にしてまで
「一つの中国」を主張した。

台灣の「中華民国」が大陸を統一することなどもはやありえないにもかかわら
ず蒋介石は生涯「大睦反攻」を諦めずがんとして「一つの中国」を認めなかった。

中華民国「台灣」は中国大陸全体を代表する国として国連の常任理事国にも
なっていたが次第に中華人民共和国が外交攻勢により国際的地位を上げて
いった。

アメリカは国民党が共産党に敗れたのを見て、それまで莫大な投資を続けて
いた蒋介石政権がどうしようもなく腐敗・堕落していることにようやく気づき
「台湾海峡不介入」を宣言した。

という事はもし共産党が台灣を攻めても蒋介石を完全に見限るということです。
しかし朝鮮戦争が風前の灯火の蒋介石の救いの神となりました。朝鮮戦争
の結果、共産主義と戦う決意をしたトルーマン大統領は「台灣不介入」の
方針を一転、第7艦隊を急遽台灣に派遣した。結果的に蒋介石は冷戦の
おかげで生き延びました。

1971年ニクソン訪中で米中が接近。キッシンジャーの暗躍で国連総会に
おいて「中華民国」を追放し、「中華人民共和国」を招請することが可決され
ました。

アメリカ共和党は中華民国が台灣の名で国連にとどまるよう説得しました。
日本もヨーロッパの一部の国がアメリカと同じように台灣に国連にとどまる
ように呼びかけました。しかし蒋介石はこれを不服として国連を脱退しました。

台灣は中国共産党とキッシンジャーの思うつぼにハマリました。台湾人は
蒋介石の面子の犠牲になってしまった。もしあの時蒋介石が国連に台灣の
名でとどまっていれば中国もうかつに手を出せなかった。今のように
台灣は「もともと中国の一部」などと大嘘をつけなかったが、中国の宣伝が
効いて今や多くの国が中国の嘘を信じています。

台灣を支配した蒋介石は1975年87歳で死去。実権は長男の蒋経国に
移っていったが持病の糖尿病を悪化させ1988年急死した。副総統の
李登輝が昇格し台灣の本省人として初の総統に就任した。

1966年に総統直接選挙を実施して台灣の民主化を実現した
台灣の新しい歴史の幕開けです。

(次回も台灣について考察するつもりです)

 

お読みくださり有難うございます。

最後に、こちらをポチッ とお願い申し上げます。

Source: 何かおかしいよね、今の日本。

スポンサーリンク


何かおかしいよね、今の日本。
sakuraをフォローする
日本の政治を考える
タイトルとURLをコピーしました