【速報】ゴーン被告に国外追放&暗殺の可能性wwww

政治情報

1: 妖怪障子破り ★ 2020/01/23(木) 19:02:36.20 ID:C+MfnErf9
(略)
現代イスラム研究センター理事長の宮田律氏が言う。

「政権交代が実現しない限り、デモは簡単に収まらないでしょう。政権交代があった場合、新政権下でゴーン被告がそのまま“庇護”されるとは考えにくい。デモの参加者はゴーン被告について、私腹を肥やし、日本から逃亡したのに、特権階級だから、特別に庇護されているとみているからです。ゴーン被告は、デモのターゲットとなっている支配層の象徴のようになっている。ゴーン被告を国外追放したり日本へ送還しなければ、レバノン国民は黙っていないでしょう」

この先、デモが過激化するとゴーン被告の命が危険にさらされる可能性もある。「デモ隊の一部が暴徒化して、ゴーン被告が住んでいる富裕層のエリアを襲撃するかもしれない。その際、知名度抜群のゴーン被告がターゲットにされる可能性は否定できません」(宮田律氏)

スポンサーリンク


レバノン情勢から目が離せない。

8947c_28_a89431fd_7086141a
https://news.livedoor.com/article/detail/17704810/

▽おすすめ
【韓国】グーグルに課徴金賦課…「ユーチューブ1カ月無料後の料金請求、不当」

続きを読む

Source: おーるじゃんる

スポンサーリンク


政治情報
crx7601をフォローする
日本の政治を考える
タイトルとURLをコピーしました